静岡に家を建てるなら

「地震に強い家」という条件は

必須項目です。

 

明日来るかもしれない東海地震。「今年は来そうだ」という言葉を

年耳にしている気がします。実際、地震はいつ来るか分かりません。

お客様の家を守るため、弊社の住宅は耐震等級3を取得しています。

住み心地だけではなく、本当に安心できる家とは何か?を考えると

静岡県に住むなら、地震に強い家というのは必須条件です。

 

-

 

耐震等級3を取得している


弊社の住宅は、国が定める住宅の地震に対する強度指数において「耐震等級3」を取得しています。

これは建築基準法で定める耐震性の1.5倍の耐震性を持っている証明です。

構造用金物の使用


地震の際には構造体に強い引き抜き力が かかります。構造強度をさらに高めるた めに、当社では耐震金物を随所に使用し ています。これにより、基礎、土台、建 物が強固に一体化し、地震などの外力に 対し強度を保ちます。

 

軽くて丈夫な構造


木は鉄に比べ、重さあたりの引っ張り強度 で約 3 倍、曲げ強度で 16 倍もの強さがあ ります。地震の振動エネルギーは建物の重 さに比例して大きくなるので、軽さ、強度 で優る木の柱と梁で骨格を作り上げた在来 軸組工法は地震国日本に最も適した住宅と いえます。